アーユルヴェーダの体質論

アーユルヴェーダではどのように体質をわけているのか?ものすごく難しそう?ややこしそう?

確かに医学だけに奥が深く、一生をかけて学び続けるものと言われていますが、少しでも理論を理解できれば食べ物など自分の生活に役立てる事が出来ると思います。

人の数だけ体質がある。でもまずは大きく分けて簡単にご説明します

 

トリドーシャとは

 

ヴァータ・ピッタ・カファ 

この3つの性質(エネルギー)をトリ(3つ)ドーシャ(性質)といい、トリドーシャは身体のすべての生理機能に働きかけています

そしてどのドーシャが優勢なのかで体質が分かれ、今は何のドーシャが崩れているのかを診断して摂るべき食べ物、避けるべき食べ物が分かります。

 

 

まだよく分からない?

・・ですよね!

 

 

あなたの本来の体質を調べてみましょう

 

それぞれの設問に1~5点で採点してみて!成人になった今の状態よりも小学生低学年頃の自分を思い出して採点するのが良いです。例えば、「普通の食事でも太りやすいか?」の質問は成人した今の自分でなく10歳ごろの状態で考えてください。

(5点は良く当てはまる、3点はどちらでもない、1点はあてはまらない)

 

その1

  1. やせ型。小さなころから細い
  2. 食べても太りにくい
  3. お尻が小さく肩幅も狭い。華奢
  4. 早口でおしゃべり好き
  5. 色んなアイデアや考え事がよく出てくる
  6. 覚えるのは早いけど忘れるのも早い
  7. いつも動きまわっている
  8. 好奇心旺盛だけど長続きはしない

その2

  1. 中肉中背で平均的
  2. 暑さが苦手。汗をよくかく
  3. 気が短い。カッと怒ってもすぐ怒りは落ち着いてくる
  4. 完璧主義なところがある
  5. 鷲鼻や鼻筋が高い。顔はひし形
  6. よく食べる
  7. ハキハキと話す
  8. はっきりと自己主張をするし、他人に厳しい

その3

  1. 体格はガッチリ、大型
  2. 普通の食事でも太りやすい
  3. 色白で肌はなめらか
  4. お尻は大きく肩幅も広め
  5. 物静かでゆっくりな話し方
  6. 我慢強い、体力がある
  7. 執念深い。保守的
  8. 覚えるのは遅いけど、覚えたことは忘れない

 

その1~3  、合計点が高いのはどれでしたか?

その1はヴァータ体質

その2はピッタ体質

その3はカファ体質

 

これで大体のあなたの体質が分かりました。

点数が僅差の場合

例)  ピッタ32点、カファ31点、ヴァータ14点など2つが僅差のこの場合は体質はピッタ・カファとなります

 

ちなみにこれは質問をとてもシンプルにしているので、僅差になればカウンセリングで細かく診断するのが良いでしょう。

 

 

 

次回はそれぞれの特徴と不調になる時のお話を書こうと思います!

 

 

美しいは健康から!不要な老廃物を出せば変わります!

女性専用サロンカウムディ ご予約はこちらから

⇓ご予約はLINEから⇓

※友だち追加して頂いた後にメッセージ下さいね

 

 

 

 

関連記事

  1. 何だかんだ重要!白湯の大切さを伝えよう!

  2. カウムディ

    重要‼[入門編]これでアーユルヴェーダの基本が…

  3. もう大丈夫!体質改善の為の体調を整える食事のしかた

  4. アーユルヴェーダで考えるお食事の話

  5. 頭痛などを抑える過ごし方/台風の日

  6. カウムディ

    ホームサロンはじめました

アーユルヴェーダはコチラ

奇跡のバストケアはコチラ

お得なLINEからのご予約はコチラ

お客様の声